ミニ株(単元未満株)って何?どこで買える?2つのメリットと3つのデメリット

資産運用


こんにちは!学生投資家のうえすぎです!

今回は最近話題のミニ株(単元未満株)について勉強していきます!

[:contents]

f:id:qoqwihopqnpw:20200517225514j:plain

単元って何?

そもそも単元とは何でしょう。

日本の株取引では株の売買は原則100株単位でしか買うことができません。

例えば任天堂の株価は大体4万円なので最低400万円ないと購入することができないのです。

このようなイメージから株はある程度まとまったお金がないと始められないというイメージがあるのではないでしょうか?

やはり有名な企業はそれだけ評価も高く株価も高い傾向にあります。そうなってくると初心者は株取引をなおさら敬遠してしまいますよね。

そんな悩みを解決するべく生まれたのがミニ株(単元未満株)になります。

投資に必要な額を下げることで個人投資家の参入を増やし、取引を活発化させる目的で始まりました。

証券会社を通じて多くの人からお金を集めることで1株単位での売買が可能となります。

メリット・デメリットは?

メリットとしては

  • 高価格帯の株を小額から買うことができる
  • 資金を効率的に投資できる

この二つがあります。

まず大きなメリットとして株価の高い銘柄を買いやすくなります!

その分銘柄選びの選択肢が一気に増えるので、手が届かなかった優良銘柄も少ない資金で購入することができます。

もう一つは投資に回せるお金を効率よく使うことができるようになります。

再び任天堂の例を出しますが、これまでは400万単位でしか売買ができませんでした。投資に使える資産が700万円の人の場合任天堂の株を買っても300万円は余ってしまうことになります。

その分をただ寝かせておくのはもったいないですよね。

より細かい単位で資産を余すことなく投資に回せるのは大きなメリットになります。

このメリットは特にNISAの非課税枠を使い切りたいときに有効だと思います!

デメリットとしては

  • 手数料が高い
  • リアルタイムの取引ができない
  • 株主優待を受けられない(株主総会に出席できない)

この三つがあります。

一般的に手数料は割高になる傾向があります。

さらに注文はいつでも可能ですが、取引が成立するのは証券会社にもよりますが午前と午後(前場と後場)の始まりのみです。そのため一日の中でも安いタイミングを狙って買いたい人にとっては大きなデメリットになります。

最後に株主優待を受けられなくなることもあります。銘柄によっては優待の権利が与えられる場合もあるようですが、議決権はすべての銘柄で共通して与えられません。しっかりと株主総会に参加して意見を述べたい人は購入する際によく検討することをおすすめします。

まとめ

今回の記事は以上になります!

初心者の方は手を出しやすく気になる方も多かったのではないでしょうか?

購入する際には以上のメリットとデメリットを照らし合わせるとより良い判断ができると思います。

お付き合いいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました