これだけは知っておこう!投資初心者のための基本のキ

資産運用


こんにちは!今回は言葉はよく聞くけど正直何のことかはよくわかってない…という人のために、そもそも投資という言葉が何を指しているのか・投資ってやっぱり危ないのかどういった種類があるのかについて説明していこうと思います!

僕自身はじめは知らない言葉だらけで本当に最初の一歩でつまづいていたので、その悩みを解決できたら!と思います

[:contents]

投資とは

そもそも投資って何のことをさしているんでしょう?

株式投資とか、不動産投資とか言葉はよく耳にしますが具体的には何のことを言うのでしょうか。

デジタル大辞泉には以下のように書かれています。

1 利益を得る目的で、事業・不動産証券などに資金を投下すること。転じて、その将来を見込んで金銭や力をつぎ込むこと。「土地に投資する」「若いピアニストに投資する」
2 経済学で、一定期間における実物資本の増加分。

2の意味については経済学を学んでいるわけではないのでいったんスルーしましょう。

多くの場合、投資とは一般的にお金を増やす目的で株や不動産などを運用することをさします。

イメージとしてはお金に働いてもらってお金を稼ぐっといったところでしょうか

投資と投機の違い

次に投資と投機の違いについてみていきます。投資という言葉は知っていても、投機というのは初めて聞く人も多いのではないでしょうか?

実際僕は投資の勉強を始めるまでは全く聞いたことがなかったし、ましてや違いなんてなんのこっちゃって感じでした。

ただ、実際に資産を運用してお金を増やしたいと思った時には、自分が投資と投機のどちらを行っているのかを知らないと危険です。

この二つには明確な定義があるわけではありませんが、端的に説明すると

投資:対象となる株・不動産の本質的な価値の上昇による利益を得るもの

投機:一時的な価格の変動による売買の差額による利益を得るもの

こんな感じだと思っておいてください。わかりにくいですよね笑

投資には再現性があって、投機はギャンブル的な要素が強い、というといいでしょうか。

投資のリスク

 次にリスクについて勉強していきましょう。

投資におけるリスクとは、お金が減るかもしれない…という危険性のことではありません!

では何なのかというと

お金が増えるかもしれないし、減るかもしれない

ということです。

なのでリスクが高いというと、大きくお金を得ることができるかもしれないし、大きくお金を失うことになるかもしれないということです。

投資の種類

f:id:qoqwihopqnpw:20200513164649j:plain

それでは続いて投資にはどんな種類があるのか見ていきましょう。

リスクの意味を思い出しながら見るとよいと思います!

投資対象リスク特徴
株式投資株を購入しその価値の差額と配当金から利益を得る。 価格の変動が激しいためリスクは高いが原則として購入額以上の損をすることはない
投資信託株の運用をプロに任せることができる。その分手数料が高い
ETF
(上場投資信託)
投資信託そのものが上場している。投資信託に比べ手数料が安い
個人向け国債元本が保証されている。銀行よりも金利が高く個人での運用に向いている
個人向け社債国債よりも若干リスクが高い
不動産投資安定した家賃収入を得られ、税制上のメリットも大きい、ただし換金性が低く、ある程度元手が必要
REIT
(不動産投資信託)
少額から行える不動産投資。
換金性が高く、リスクも低め。個人投資家向き
iDeCo
(個人型確定拠出年金)
年金を個人で運用する制度。節税に使える。
仮想通貨ビットコインなどが有名。大きく価値が上がる可能性もあるがその逆もまたしかり
株や不動産と違い持っているだけで利益を生むことはない。価値が安定している。
FX(外国為替取引)自分の資金以上の取引ができる。その分リスクが高く、大損する可能性がある。

以上が主な投資の種類になります。

イメージとしては、株式投資の中に投資信託、NISA、つみたてNISA、ETFといった投資の仕方があって、不動産投資のなかにREITという仕組みがあるとざっくりつかんでおくといいと思います。

投資信託やETFというのはたくさんの企業の株がまとめて入った詰め合わせセットで、REITはたくさんの人からお金を集め不動産を購入し、運用によって得られた利益を山分けするものです。

はじめのうちはそのくらいを知っておけばほかの説明が分かりやすくなると思います!

f:id:qoqwihopqnpw:20200513165502j:plain

すべてについて細かく知る必要は全くありません!

初めての方は株式投資、不動産投資、確定拠出型年金の3つから勉強するのをお勧めします!

それぞれについての細かい説明は別の記事を参照してください。

個人的にはFXや仮想通貨などの取引はお勧めできません。自分で責任のとれないレベルの損失を出してしまう可能性があるからです。

f:id:qoqwihopqnpw:20200513165700p:plain

元手以上に損をすることのないものを選び、小額から始めてある程度の知識と経験を得てから余裕資金をできるだけ投資に回す、というのが個人投資家としては王道なのではないでしょうか。

今回の記事はここまでで終わりにします!

ざっくりとした説明が多いですが、初めに大雑把なイメージをつかんでおくと細かい分野の勉強もしやすくなると思います。

お付き合いいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました